相場でわかる東京の発毛育毛剤

薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人は少なくありません。薄毛を改善するための方法や治療法にはいくつかあり、頭皮マッサージをして血行を良くしたり、ドラッグストアで育毛剤を購入したり、病院で治療をすることもあります。薄毛といっても様々なタイプがあり、頭頂部の薄毛は男性に多くみられる状態で、最初は頭頂部のみであっても徐々に広範囲に薄くなるという男性ホルモンが影響しているAGAや、女性の薄毛で女性男性型脱毛症、円形に髪の毛が抜ける円形脱毛症などがあります。薄毛になってしまうのはホルモンの影響以外に、生活習慣やストレスが影響していることがあります。生活習慣の見直しやストレスの発散、適度な運動を取り入れる生活を送りながら、育毛剤や内服薬などを活用することでより効果的に薄毛の改善が期待できます。

薄毛の治療法には内服薬と外用薬があります

数多く育毛剤はありますが、東京で発毛育毛剤の平均の相場は約10500円前後で、最安値で約6800円程度から最高価格では23000円程度まで費用も幅広いです。育毛剤は外用薬で頭皮に塗布することで髪の毛の育毛を促します。外用薬は病院で処方が可能ですが、ドラッグストアなどでも購入することもできます。塗る育毛剤は髪の毛に栄養を補給して発毛や血行を促進して髪の毛に栄養を行き渡らせ、頭皮の保湿や保護する役割も期待できます。薄毛は男性ホルモンが原因になることが多く、その原因に効果が期待できる治療薬のひとつにプロペシアという成分があり、それが含まれている薬を服用することができます。薄毛になる要因となるDHTが生産されることを防ぐことができる内服薬で薄毛の進行を遅らせることが期待できます。この発毛治療薬で内服薬の東京の料金相場は10500円前後で、最安値は4000円程度で最高料金は約25000円程度です。

内服薬の他にも治療法はあります

もう1種類のミノキシジルという内服薬も薄毛に効果が期待できる治療薬で、病院で処方されるタイプで1日1回服用します。この薬は元々血圧を下げる薬とし使われており、この薬を服用して患者さんの髪の毛が太くなったことからAGAなどの薄毛治療に利用されるようになったものです。血行を促進し、血管を拡張して髪の毛に栄養が流れやすくなりDHTにより発毛が止まっていた毛根に働きかけ、髪の毛が生える洋に促すことが期待できます。ミノキシジルは病院で処方され、東京でこの薬の相場料金は17500円前後です。他の薬よりも高いのはこの薬は単独で処方されることはなく、他の飲み薬やサプリメントなどと合わせて処方されるためです。内服薬や外用薬以外の方法に髪の毛の再生医療の治療法もあり、この方法は髪の毛がほぼ確実に生えてくる治療法です。頭皮に薬剤などを注射して細胞を活性化させる方法で料金も12万円前後の料金相場で高額ですが、効果が期待できる治療法です。